40 ブラジル ブラジリア (レゴ®ブロック作品:ブラジリア大聖堂)

40 ブラジル ブラジリア Brasilia (レゴ®ブロック作品:ブラジリア大聖堂)

ブラジリア4

ブラジリア2

ブラジリア3
使ったレゴ®ブロック :
10,000ピース
制作期間 : 17日
ビルダー : 伊藤 剛
監修 / 直江和由

美しい近代的な建物です。
とても調和がとれている大聖堂です。

実際に見たことはないのですが、ブラジルに行ってみてみたいと思わせる作品です。

 

ブラジリア1
◎文化遺産 1987年登録

◎世界遺産ストーリー
ブラジリアは、高原の荒涼とした未開の大地に建設された計画都市。飛行機が羽根を広げた形の市街地にある国会議事堂や大聖堂などの主要建造物は、いずれもモダニズムの流れを受けた未来的なデザインで作られています。歴史的な街並みを持つ都市ではなく、建設後40年未満という若い都市が世界遺産に登録されたのは異例のことと言えます。

◎この世界遺産のある国について
環 境・・・国土面積8,514,215.3平方km。南米大陸の約半分を占める中南米最大、世界でも5番目に広大な国土を持つ国です。
人 々・・・欧州系48%、混血43%、その他で構成され、混血が進んでいます。また人口の55.2%を29歳以下が占めています。
お 金・・・通貨単位はレアル。 補助通貨単位としてセンターボがあり、1レアルは100センターボに相当。
自 然・・・国土が広いため、熱帯性気候、亜熱帯性気候、半砂漠型乾燥気候、高地の亜熱帯性気候、温帯性気候の5つに分けられます。
言 葉・・・保護地区に住むインディオの種族が話す言語を除いては、日常生活でも南米唯一ポルトガル語が使われています。
その他・・・アマゾンの焼けつくような暑さが一般的なイメージですが、実際に気温が32℃以上になることはそう多くはなく、年間平均気温は22〜26℃。四季を通じて寒暖の差が小さい国です。
資料協力:ブラジル政府観光局

39 ベネズエラ コロとその港

39 ベネズエラ コロとその港 Coro and its Port
ベネズエラボリバル共和国コロとその湾2

ベネズエラボリバル共和国コロとその湾3

使ったレゴ®ブロック :
15,000ピース
制作期間 : 15日
ビルダー : 日高雅夫

黄色の壁に白い線が入った素敵な建物です。
大きな作品に仕上がりました。

南米らしい建物を前にして、その場にいるような錯覚を覚えました。
ベネズエラボリバル共和国コロとその湾4

ベネズエラボリバル共和国コロとその湾1
◎文化遺産 1993年登録(危機遺産 2005年登録)

◎世界遺産ストーリー
ベネズエラの北西部にある町。1527年スペイン人が入植し初期の植民都市となりました。スペインのコロニアル様式とコロの対岸の島を支配していたオランダのバロック形式が融合した町並みが残ります。その後ドイツ商人が影響力を持ったユニークな港町です。市街に約600も残る土づくりの建築が世界でも稀と言われます。

◎この世界遺産のある国について
環 境・・北はカリブ海・大西洋に面した北アンデスの国です。歴史的な多様な伝統とモダンが入り交じった国です。
人 々・・・2880万人(2010年現在)。多くの人種と民族が合流した人々です。素朴で親切、仕事に意欲的な人柄です。
お 金・・・通貨はボリバル・フェルテ。1ボリバル・フェルテ=約18円
自 然・・・南米大陸にあって赤道より以北の北半球の熱帯。アンデス山脈やギアナ高地、アマゾンなど自然の宝庫として知られています。
言 葉・・・公用語はスペイン語。
その他・・・世界でも有数の産油国です。様々な歴史、豊かな自然に恵まれた国です。
資料協力:ベネズエラ・ボリバル共和国大使館

(作品コメント)
黄色の建物に白いラインがとても印象的な教会です。是非教会正面の左コーナーからミニフィグ目線で教会全体を見上げてみてください。

38 チリ ラパ・ヌイ国立公園 (レゴ®ブロック作品:モアイ像)

38 チリ ラパ・ヌイ国立公園 Rapa Nui National Park
(レゴ®ブロック作品:モアイ像)
ラバヌイ公園5

ラバヌイ公園4

ラバヌイ公園3
使ったレゴ®ブロック :
4,500ピース
制作期間 : 10日
ビルダー : 渡瀬達生

モアイ像です。かなり存在感のある作品です。
数体ありますが、一つはクリスタルで作られていて、ちょっとおしゃれな感じがしました。

ラバヌイ公園1
◎文化遺産 1995年登録

◎世界遺産ストーリー
ラパ・ヌイ国立公園は、パスクア島あるいはイースター島と呼ばれる南太平洋上のチリ領の島にあります。この島に移住してきたポリネシア人は、独特の彫像や建造物を生み出しました。10世紀〜16世紀には祭壇をつくり、人の顔を模した巨大石像モアイを建て、類例のない文化的景観を築きました。モアイ像は高さ2〜20m。最大重量50t。約1,000体が発見されています。

◎この世界遺産のある国について
環 境・・・南太平洋にあるイースター島は、温暖な亜熱帯性気候。南半球なので、日本とは夏と冬が逆になります。
人 々・・・ポリネシア系で、人々はイースター島の文化にたいへん誇りを持っています。
お 金・・・チリ・ペソ。1ペソは0.17円(2012年10月現在)。
自 然・・・火山島のため、土壌は溶岩質で、樹木が少ない。
言 葉・・・公用語はスペイン語。島民はラパ・ヌイ語を話します。ラパ・ヌイは大きな島という意味。
その他・・・モアイ像の修復は、日本からの資金援助でも行われていました。
資料協力:チリ共和国大使館

(作品コメント)
本体はすべて空洞で制作しています。コケに侵食された部分や染み出した鉄分を表現するために色合いを工夫しました。指の部分はプレートを横にして制作しました。

37 ペルー マチュ・ピチュの歴史保護区

37 ペルー マチュ・ピチュの歴史保護区
Historic Sanctuary of Machu Picchu
マチュピチュ歴史保護区3

マチュピチュ歴史保護区2
使ったレゴ®ブロック :
2,000ピース
制作期間 : 4日
ビルダー :
伊藤剛・かたおかしんご
監修 / 直江和由

緑色の土地の部分から、すべてレゴブロックでできています。

上から見ると、マチュ・ピチュだとよくわかります。
大きな作品で、壮大な歴史に思いをはせることができるような、そんな作品に仕上がっています。

マチュピチュ歴史保護区1
◎複合遺産 1983年登録

◎世界遺産ストーリー
ペルー南部のアンデス山地、標高2,350mの尾根にある都市遺跡マチュ・ピチュ。それと周囲の広大な自然をあわせた両方が複合遺産として世界遺産に登録されています。1911年に米国の学者ハイラム・ビンガムは、遺跡のことを知っていた地元民の案内でここを訪れ、欧米社会にその存在を紹介しました。整備された水道・排水技術、斜面に広がる段々畑など、スペイン人の破壊が及んでいないこの地の高度な文明を物語っています。

◎この世界遺産のある国について
環 境・・・南アメリカ大陸の太平洋に面したほぼ中央に位置し、エクアドル、コロンビア、ブラジル、ボリビア、チリと国境を接します。
人 々・・・約3000万人。先住民であるインディヘナが45%。その他、メンティソ(先住民とスペイン人の混血)、ヨーロッパ系などで構成されます。
お 金・・・通貨単位はヌエボ・ソル。補助単位はセンティモで1ヌエボ・ソル=100センティモ。
自 然・・・大きく3つの地域・気候に分かれます。国土の約半分を占めるの森林・平原地域の熱帯雨林(セルバ)、海岸砂漠地域(コスタ)、マチュ・ピチュのあるアンデス山岳地域(シエラ)です。
言 葉・・・多くの人がスペイン語を話しますが、ケチュア語・アイマラ語を話す人も。
その他・・・ペルーは世界遺産の宝庫でもあり、11ヶ所が世界遺産に指定されています。

(作品コメント)
壮大なマチュ・ピチュの一部を再現しました。古い感じを出すため細かいブロックでグラデーションをかけてみました。

アジア

アフリカ

オセアニア

ヨーロッパ

北米・中米

南米

日記

未分類

カテゴリ

このサイトを検索

お気に入りリンク

東京の結婚相談所婚活ブログ斎藤一人特約店ひとりさんファン銀座まるかん彩塾 体験談
Copyright(c) 2014 公式レゴアートde世界遺産研究所 All Rights Reserved.
SSLのセキュリティ保護