36 アメリカ 自由の女神像

36 アメリカ 自由の女神像 Statue of Liberty
自由の女神像2

自由の女神像4

自由の女神像3
使ったレゴ®ブロック :
6,500ピース
制作期間 : 9日
ビルダー : 渡瀬達生

有名な自由の女神像です。
光っている部分もすべてレゴのパーツだそうです。
洋服のひだなど、細部にもこだわりがあって、堂々たる作品に仕上がりました。

自由の女神像1
◎文化遺産 1984年登録

◎世界遺産ストーリー
ニューヨーク港内マンハッタン島から3kmのリバティ島に、自由の女神像はあります。アメリカ独立100周年を記念して、米仏両国の友好のために、フランス人の募金を得て、フランス人が発案・設計製作しました。正式名称は「The Statue of Liberty Enlightening the World」(世界を照らす自由の像)と言います。高さ46m、重量225tの像は、右手に自由を象徴する松明(たいまつ)を掲げ、左手に独立宣言書を抱え、足元は、暴力を象徴する鎖を踏みつけています。

◎この世界遺産のある国について
環 境・・・国土は、日本の約25倍。季節と場所によって気候も異なります。おおまかに言えば、日本に比べると厳しい気候といえます。
人 々・・・3億1455万人(2012年10月現在)。さまざまな国の人々が成功を求めて集まり、人種のるつぼと言われています。
お 金・・・ドル。ちなみに、ドルサイン「$」の起源の最有力説は、メキシコとスペインのペソの「P’s」または8の字が変化したもの。
自 然・・・とくに北と南の気温差は激しく、マイアミなら1、2月でも海水浴ができますが、五大湖周辺は-10度を超える日も珍しくありません。
言 葉・・・抑揚のはっきりした英語(米語)が公用語。しかし、大都市や南の地域はスペイン語系の人々も多く、スペイン語もかなり定着しています。
その他・・・アメリカン・ドリーム。様々な分野で、世界一のチャンスの国と言えます。

(作品コメント)
ブロックを前後に組み合わせる事で服のしわを表現してみました。松明と宝冠部のライトアップもすべてレゴ®パーツを使用しています。

35 メキシコ 古都グアナフアトとその銀鉱群

35 メキシコ 古都グアナフアトとその銀鉱群
Historic Town of Guanajuato and Adjacent Mines

古都グアナフアトとその銀鉱群2

古都グアナフアトとその銀鉱群3
使ったレゴ®ブロック :
10,000ピース
制作期間 : 12日
ビルダー : かたおかしんご(カネモリブリックラボ)

色とりどりの色彩を使った市街地が目を引く作品です。

こうやって見ると、自然と調和した市街地はとても
魅力的ですね。
古都グアナフアトとその銀鉱群1
◎文化遺産 1988年登録

◎世界遺産ストーリー
16世紀半ばに銀が発見され一攫千金を夢見た人々によって繁栄した町です。そのため都市計画がないまま無秩序に拡大していきました。もっとも象徴的なのは豪華な教会群です。バロック様式やメキシコ独自の様式で派手な装飾を施された数多くの教会や聖堂。かつて産出量で世界15%を占めた町の繁栄ぶりをいまに伝えています。

◎この世界遺産のある国について
環 境・・・北米大陸の南部にアメリカ合衆国と隣接しています。高原の国で、中央部では平均2000メートルの高度があります。
人 々・・・2012年現在1億1200万人。メスティーソと呼ばれる先住民とスペイン系白人の混血が約60%。約90%がカトリックです。
お 金・・・通貨はメキシコ・ペソ。1メキシコ・ペソ=約6.15円(2012年現在)。
自 然・・・太平洋とメキシコ湾、カリブ海に囲まれた温暖で自然が豊かな国。大部分は高原で、内陸部にはジャングルもあります。
言 葉・・・公用語はスペイン語。
その他・・・マヤ文明やアステカ帝国など高度な先住民文明が栄えた歴史を持っています。
資料協力:メキシコ政府観光局

(作品コメント)
グアナフアトの具体的な場所ではなく、特徴でもある色とりどりな街並みと地下道、英雄ピピラ像を表現しました。レゴ®ブロックの楽しさ、グアナフアトの魅力が伝わればと思います。

アジア

アフリカ

オセアニア

ヨーロッパ

北米・中米

南米

日記

未分類

カテゴリ

このサイトを検索

お気に入りリンク

東京の結婚相談所婚活ブログ斎藤一人特約店ひとりさんファン銀座まるかん彩塾 体験談
Copyright(c) 2014 公式レゴアートde世界遺産研究所 All Rights Reserved.
SSLのセキュリティ保護